HOME > 解決事例-任意整理 > 解決事例(任意整理)400万円の減額に成功

解決事例(任意整理)400万円の減額に成功

解決事例(任意整理)400万円の減額に成功

解決事例1 ー任意整理ー

H and パートナーズ 任意整理 解決事例

ご相談の内容

 Aさんは、知人の経営する会社の借入金の保証人であったところ、債権者から、遅延損害金を含む1,200万円の返済を請求されました。請求額が高かったこともあり、ご自身で分割払い、減額交渉をされていました。しかし、まったく応じてもらえず、その後ほどなくして、自宅の土地建物に仮差押をされてしまったことから、なんとかできないかということで、当事務所にご相談に来られました。

H and パートナーズ 任意整理 解決事例

担当弁護士のコメント

 相談を受け、①Aさんが保証人であり、借り入れをした張本人ではないこと、②ある程度のまとまった財産をお持ちであったということから、減額できる可能性があると判断し、任意整理事件としてお受けすることになりました。

 債権者に対して、上記①、②を強く主張し、減額交渉をした結果、最終的には800万円を支払うことで和解が成立し、400万円の減額に成功しました。
 このように、弁護士が介入することで、借金の額が大きく減額されることもありますので、諦める前に弁護士にご相談に来ていただければと思います。