HOME > 解決事例-任意整理 > 任意整理により、毎月の返済額が約4万7000円減額になった事案

任意整理により、毎月の返済額が約4万7000円減額になった事案

任意整理により、毎月の返済額が約4万7000円減額になった事案

解決事例 ー任意整理ー

依頼者
30代 会社員
借金総額
毎月の返済額
240万円(5社)
約8万円/月
任意整理後の
返済月額
3万3000円/月

ご相談の内容

①A社の借入金49万円、月々の返済が1万円、②B社のクレジットカードショッピング利用代金44万円、月々の支払いが2万円、③C社の借入金47万円、月々の返済額が1万円、④D社のクレジットカードショッピンク利用代金37万円、月々の支払いが1万円、⑤E社のクレジットカードショッピング利用代金57万円、月々の支払いが3万円の返済月額合計8万円が負担となり、債務を整理したいということで当事務所にご相談に来られました。

H and パートナーズ 会社破産 解決事例

担当弁護士のコメント

月々の返済が合計で4万円程度であれば、返済していくことが十分に可能であるということだったので、任意整理事件としてお受けすることになりました。
A社~E社に対して受任通知を送付し、取引履歴を取り寄せた後、各社との交渉を開始しました。
その結果、全社について将来の利息の免除を得たうえ、

①A社については、49万円を60回払い、月々の返済額は8300円
②B社については、44万円を72回払い、月々の返済額は6100円
③C社については、47万円を71回、月々の返済額は6600円
④D社については、37万円を72回、月々の返済額は5200円
⑤E社については、57万円を84回、月々の返済額は6800円

という内容で和解が成立し、毎月の返済額を約4万7000円減額することに成功しました。