HOME > 解決事例-個人再生 > 個人再生により、750万円の借金が600万円減額の150万円に、毎月の返済額も15万円以上減額となった事案

個人再生により、750万円の借金が600万円減額の150万円に、毎月の返済額も15万円以上減額となった事案

個人再生により、750万円の借金が600万円減額の150万円に、毎月の返済額も15万円以上減額となった事案

解決事例 ー個人再生ー

依頼者
30代 営業職
借金総額
毎月の返済額
750万円(〇〇社)
20万円/月
再生計画による弁済額
総額150円
4万2000円/月

ご相談の内容

依頼者は、営業職に就かれている方で、クレジットカードを利用して、仕事上の接待交際費を支払いや、転職の際、次の就業先が決まるまでの収入がなくなった期間の生活費に充てるための借入れをしていたところ、借金の額がどんどん膨らんでいきました。

その結果、月々の返済・支払いの額が合計で20万円にものぼってしまいました。

このまま返済を続け、完済することは到底不可能であると思い、当事務所に相談にいらっしゃいました。
H and パートナーズ 会社破産 解決事例

担当弁護士のコメント

事情を詳しくお聞きしたところ、依頼者は職業柄、破産ができないこと、収入も安定しており、返済の総額や月額が減額されれば問題なく返済ができることから、個人再生の申立てを行うことにしました。

準備を進めて、個人再生の申立て行った結果、再生計画案は無事に認可され、返済期間は3年間、借金は5分の1の150万円、返済月額は4万2000円となりました。