HOME > コラム > 会社の破産・再生 基礎知識

会社の破産・再生 基礎知識

会社の破産・再生 基礎知識

【1】これだけは絶対に気を付けよう!

 ここでは,破産や民事再生手続きを利用する方が陥る典型的な失敗例を紹介させていただきます。
 いずれのケースも専門家である弁護士に早めにご相談頂いていたら起きなかった失敗ばかりです。
 我々は,破産に至らない法人様のご相談も何度も受けてきており,皆さまに「いざというときに駆け込む場所が出来て良かった」と安心して頂いております。
 「経営がちょっと厳しいかも。。。」という思いが少しでお頭をよぎったら,一先ず,専門家である弁護士にご相談下さい。

① ぎりぎりまで事業を続けてお金が底をついた。。。

 「頑張って続けてきた会社。簡単に諦めたくない」

しかし,破産するにも民事再生をするにも,裁判所への予納金等様々な資金が必要になります。
そこで,手元の資金が底を付くまで事業を継続してしまってから破産・民事再生を検討しても,もう手続きが出来ない,というのが最も典型的な失敗例です。
 ですので,少しでも余裕がある内に専門家である弁護士に相談して下さい。場合によっては,代表の方の手元に少しでも資金を残す方法があるかも知れません。

② 一部の債権者にだけ返済を続けた。。。

 「あの人には世話になったから,どうしても」

 このような理由で,資金が回らなくなった後も,一部の債権者にだけ返済を継続する方がいらっしゃいます。
 しかし,破産の場合,一部の方にだけ返済を行うことは,禁止されています。悪質な場合,破産管財人がお金の返済を受けていた人に対し,お金の返還を求める事態もあり得ます。
 こうなってしまうと,結局はお世話になった方に余計な負担をかけてしまうことになりますよね。  

 早めに専門家である弁護士に相談の上,率直にご要望をお聞かせください。法律の範囲内でできうることを最大限お手伝いさせて頂きます。

③ 会社の財産を二束三文で売ってしまった

「少しでもお金になると思って。。。」

会社名義の車両,資材などは,法的には,会社の財産とみなされます。これをいわゆる適正価格より著しく安く処分してしまった場合,後日,会社の財産を散逸させたとして問題となることがあります。

弁護士は,法律に従って,どの財産を法的手続き前に処分するか残すのかを判断することができます。「これ売っちゃっていいんだろうか?」そのような疑問をお持ちであれば,是非専門家である弁護士にご相談ください。

【2】費用

法人破産 50万円~
代表者の破産 30万円~

» 費用の詳細はこちら

【3】弁護士介入のメリット

① 返済をストップできる

  弁護士が介入することで,各債権者に対する支払いをストップできます。ここで一息ついて,法的手続きの為の資金を確保したり,今後の手続きを決定していくことになります。

② 窓口を弁護士に!

 会社経営者の皆様にとって,破産・民事再生を行う場合に最も気がかりなのが,取引先や債権者が取り付け騒ぎを起こさないか,借金や未払金の回収のために連日家に押しかけてこないか,という点です。  この点も,弁護士が介入することで,取引先等の窓口を弁護士に一本化できますので,経営者の方も大きなストレスから解放されます。

③ トラブル防止

 弁護士が介入することで,法的にやっていいこと,悪いこと,をきちんとアドバイスできますので,良かれと思って行った行為が,後から大問題に発展した,こんな事態を防ぐことができます。

④ まとめ

 とにかく,弁護士に法的手続きを委任するメリットは,「弁護士にすべて任せられる」という点に尽きます。ただでさえストレスのかかる会社の借金問題の整理について,専門家に任せていただくことで,大きなストレスから解放され,新しい人生を切り開くヒントを見つけてください。