HOME >  自己破産とは > 自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリット

自己破産をする場合のメリットを教えて下さい。

自己破産

一番大きいメリットは「免責」、つまり借金がすべて帳消しになることでしょう。借金から解放され、返済する必要がなくなるので、収入を自己破産後の新しい生活のためにすべて使うことができます。

自己破産

それでは、逆に、自己破産をすることでデメリットはありますか。あるとすれば、どんなデメリットですか。

自己破産

デメリットとしては、基本的に手持ちの財産は処分されてしまう、警備員、保険の外交員といったの一定の職業については、破産手続が終了するまで就けなくなる、信用情報登録機関(いわゆるブラックリスト)に登録される、といったものがあげられます。

自己破産

じゃあ、財産を全部取られるんですか?

自己破産

いいえ、そんなことはありません。
自己破産は、借金で立ち行かなくなってしまった人が経済的にやり直すための制度です。ですので、破産した後に生活を立て直すために必要な範囲(原則99万円の現金)で財産を持っておくことは認められているのです。手元に1円たりとも残らないとすれば、生活していくことができませんからね。

自己破産

ブラックリストに載ったら、一生借入れをしたり、ローンを組んだりということができないのですか?

自己破産

いいえ、それも違います。
ブラックリストの情報は、一般的には6年~7年程度の期間掲載されるといわれています。最終的には、各金融機関の判断ですが、それくらいの期間が経過したあとは、再び借入れ等ができるようになるでしょう。

自己破産

自己破産をすることによるデメリットはそんなに大きくない?

① 一定の職業については資格制限がある

→そもそも、職業上の欠格事由のある職業に就いていなければ問題ない。

→仮に、資格が制限される職業に就いていても、免責の確定(破産手続の完了)により、再びその職業に就くことができる。

② ブラックリストに載ってしまう

→個人再生でも任意整理でも同じデメリットがある。

→そもそも、返済が遅れた時点でブラックリストには載っている。

→6~7年後には再び借入れができる。

③ 財産が処分されてしまう

→生活再建に必要な範囲(原則99万円まで)は手元に残せる。

このように自己破産はデメリットはあるのですが、手続によって借金が帳消しになることを考えれば、借金問題で苦しんでおられる方にとって、自己破産をすることのメリットはデメリットを遥かに上回るのではないでしょうか?

「自分の場合、自己破産をするメリットがあるのか知りたい」という方は、是非当事務所までご相談ください。

債務整理 大阪 債務整理 大阪債務整理 大阪梅田オフィス債務整理 高槻オフィス債務整理 大阪 債務整理お問い合わせ
お客様の声 Q&A解決事例用語集